引越しは時間に余裕を持つべきです

入学、就職、結婚、転職など、これらを機会に引越しをする人が多いと思います。

 

 

私もこれまでの人生で、何度も引越しを経験して来ました。

 

 

その経験から、引越しをする場合は、時間に余裕をもってする事が大事であると学びました。

 

 

引越し荷物が少なく、近所に引っ越す程度ならば、自分で何とかできる場合があります。

 

 

ですが一般的な引越しの場合、荷物は多いですし、目的の場所まで距離が遠い場合がほとんどですから、自分一人で引越しを行う事は困難です。

 

 

なので引越し業者を利用する事に成ります。

 

 

引越し業者を利用した場合、意思の疎通が上手く行かず、順調に事が運ばない事があるのです。

 

 

それで予定よりも時間が掛かってしまう事があります。

 

 

ですから引越し業者を利用して引越しをする場合は、時間に余裕を持つ事が大事なのです。

 

 

引越しのアルバイトの1日の流れ

年度末になると引越しをする人が増えます。

 

アルバイトの募集が一番多いのはこの時期です。

 

1日に回れるお客の数は3件が限度です。

 

通常は、1件の引越し作業だけで1日が終わります。

 

 

朝出勤したら、誰の下につくのか作業責任者から言い渡されます。

 

1件の引越し作業で1人の正社員です。

 

他の作業員はすべてアルバイトとなります。

 

トラックの運転をするのは正社員です。

 

移動中、アルバイトがすることは何もありません。

 

お客の自宅に到着したら、荷物を梱包してトラックの荷台に積んでいきます。

 

すべて積み終わったら、引越し先に向かいます。

 

現地に到着したら、積み荷をお客の家の中に全部入れて1件の引越し作業が終了です。

 

 

引越しのアルバイトでは、作業時間よりも待機時間のほうが長くなるときがあります。

 

それでも、バイト料はちゃんと平等に支給されます。

 

 

引越し やること

更新履歴